歯科インプラント
医療法人社団 桜津会 光本歯科医院(MDCインプラントセンター併設)
インプラント

HOME
はじめに
インプラントとは
インプラント治療の特徴
インプラント治療の流れ
インプラントに適した症例
メンテナンス
インプラント治療のリスク
最も重要な事
インプラント症例集
よくある質問
インプラント治療の費用
歯科用CTについて
プロフィール
クリニックのご案内
お問い合わせ
リンク集
サイトマップ


インプラントとは

歯の最も重要な役割は、噛む事です。前歯は、食物を切り裂く機能と同時に審美的な要素も併せ持ち、奥歯は食物を噛み砕くといった機能を持っています。しかし、虫歯や歯周病、不幸な事故により歯を失ってしまう場合があります。

たった1本の歯を失うだけでも機能と審美性が崩れ、身体全体のバランスにも悪影響を及ぼします。ですから、できるだけ早くその失った部分を人工の歯で補っておかなければなりません。

虫歯や歯周病によって歯がなくなった場合に施される補綴処置(入れ歯など)の目標は、できるだけ天然歯に近い人工歯を入れ、噛む機能を蘇らせる事にあります。

しかし、歯の数が少なくなるほどこの目標を達成する事が難しくなります。入れ歯では、柔らかい歯肉とその下の顎の骨の形が常に変化する為に、長期間の機能を果たすのが不可能な事がしばしばあります。また、これが原因となり最終的に入れ歯が合わず、安定しなくなってしまう事すらあります。

そこで、歯の失われた部位の顎の骨の中に人工の歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける事により、失った歯と歯根の機能を回復する治療方法がインプラント(人工歯根)治療なのです。

実は、歯を失うと言う事は、歯冠だけでなく噛む力を支える歯根までも失ってしまっているのです。


歯科インプラント治療について(光本歯科医院・豊島区池袋)

     Copyright (C) by Kazuyo Mitsumoto. All Rights Reserved.