歯科インプラント
医療法人社団 桜津会 光本歯科医院(MDCインプラントセンター併設)
インプラント

HOME
はじめに
インプラントとは
インプラント治療の特徴
インプラント治療の流れ
インプラントに適した症例
メンテナンス
インプラント治療のリスク
最も重要な事
インプラント症例集
よくある質問
インプラント治療の費用
歯科用CTについて
プロフィール
クリニックのご案内
お問い合わせ
リンク集
サイトマップ

よくある質問

● インプラントの手術時間、痛みと腫れはどうですか?
処置時間はだいたい60分〜120分位です。手術は麻酔をしてから行いますので、手術中の痛みを感じる事はありません。ただし、麻酔がきれてからは傷口の痛みがまったく無い訳ではありません。手術後 1〜2日腫れや痛みがでる場合がありますが、傷口の治癒とともに痛みや腫れはしだいに治まります。

● 治療期間はどのくらいかかるのですか?
一般的に、顎の骨に入れたインプラント(歯根部)が周りの骨と結合するのに、6〜24週間かかります。その後、人工の歯(歯冠部)を製作、装着する為の期間が、1〜3週間必要となります。

● 手術の際に入院が必要ですか?
ごく限られた特別な場合以外は、入院の必要はありません。しかし、普通のインプラント手術でも 2〜3日は安静が必要です。

● 手術後の注意は?
1〜2日腫れている間は食事がしづらくなります。また、感染しやすい期間でもあり、食事は硬いものを避け、ジュースやスープなどの流動食や栄養のバランスに優れたベビーフードなどを摂って下さい。当日あるいは翌日くらいまで多少出血が続きますが、うがいはしないで下さい。薬は指示通りにきちんと服用し、はみがきは当日はやめ、その後は先生の指示に従って下さい。

● インプラントは、何本入れればいいのですか?
抜けた歯 1本に対して必ずしも 1本のインプラントを入れる必要はありません。(顎の骨の状態によっては、入れる事ができない場合もあります。)

● 治療の間、歯がないところはどうしますか?
仮歯や仮の入れ歯を入れておきます。見た目にも食事をするにも問題はありません。

● 歯槽膿漏でも大丈夫ですか?
歯槽膿漏にかかっている方はお口の中の衛生状態が悪い場合が多く、そのままではインプラントを入れる事ができません。歯周治療と正しい歯磨きを身につけることで歯槽膿漏を治してから、インプラントをいれます。

● 糖尿病でも大丈夫ですか?
医師の指導のもとに十分にコントロールされていれば大丈夫ですが、状態によってはインプラント手術ができない場合もあります。詳しい病状を、必ず先生に伝えて下さい。
● インプラント治療に年齢制限はありますか?
最低16歳以上(骨の成長がほぼ終了する年代)で、医学的、解剖学的に条件が満たされている限りどなたでもインプラント治療を受ける事ができます。年齢の上限はありません。

● 治療費はどのくらいかかりますか?
インプラント治療は自由(自費)診療ですので診察を含め、保険はききません。使用するインプラントの本数や種類、上に装着する人工歯の種類、症例の難易度によっても費用は異なります。事前に先生とよく相談して下さい。



歯科インプラント治療について(光本歯科医院・豊島区池袋)


    Copyright (C) by Kazuyo Mitsumoto. All Rights Reserved.