歯科インプラント
医療法人社団 桜津会 光本歯科医院(MDCインプラントセンター併設)
インプラント

HOME
はじめに
インプラントとは
インプラント治療の特徴
インプラント治療の流れ
インプラントに適した症例
メンテナンス
インプラント治療のリスク
- インプラント植立前の問題
- インプラント植立時の問題
- インプラント植立後の問題
- インプラント治療の成功率
最も重要な事
インプラント症例集
よくある質問
インプラント治療の費用
歯科用CTについて
プロフィール
クリニックのご案内
お問い合わせ
リンク集
サイトマップ


インプラント治療の成功率

インプラント治療の成功率
これまでインプラント治療に対するリスクを述べてまいりましたが、世界的に見てもインプラントの成功率は素晴らしいものです。おそらく他の科の治療も含めて、一番成功率が高いと思われます。ちなみに、インプラントを植立した後の成功率は、上顎で92〜94%、下顎で95〜98% と高水準です。現在チタン製のインプラントを選択すれば、どこのメーカーのインプラントを使用しても、かなり高い成功率が得られています。


上顎の奥歯を無くして、インプラント治療を希望する患者様へ
上顎の奥歯(6番=第一大臼歯、7番=第二大臼歯)の存在した部位は、前述した上顎洞底が近接しています。上顎洞底までの距離が短く、十分な長さのインプラントが植立出来ない場合は、サイナスリフト、オステオトーム等の上顎洞への骨移植や骨を押し上げる事により、インプラントを植立する方法があります。この術式も、かなりの成功率を上げています。

ただし、インプラント植立後の炎症、あるいはインプラントが骨結合してからブラッシングと上手に出来ずに歯肉炎になり、そのまま放置した結果、炎症が上顎洞へ達した場合は、上顎洞炎になる可能性があります。インプラントの除去手術や、上顎洞炎の手術が必要になる場合もあります。

上顎の臼歯部にインプラントを希望し、十分な骨の長さが無くこれらの手術を選択する場合は、よく担当医と相談する事をお勧めします。



歯科インプラント治療について(光本歯科医院・豊島区池袋)


    Copyright (C) by Kazuyo Mitsumoto. All Rights Reserved.