歯科インプラント
医療法人社団 桜津会 光本歯科医院(MDCインプラントセンター併設)
インプラント

HOME
はじめに
インプラントとは
インプラント治療の特徴
インプラント治療の流れ
インプラントに適した症例
メンテナンス
インプラント治療のリスク
最も重要な事
インプラント症例集
よくある質問
インプラント治療の費用
歯科用CTについて
プロフィール
クリニックのご案内
お問い合わせ
リンク集
サイトマップ

インプラントに適した症例

● 一本の歯が欠損した場合
失われた1本の歯・歯根のかわりに、インプラントを1本だけ使って修復する方法は最も洗練された治療方法です。ブリッジと言う治療方ですと、両側の健康な歯を削らなければなりませんが、インプラントの場合、削る必要はありません。

歯を1本喪失 ⇒ インプラント治療


● 上顎または下顎のどちらかの歯列の端の歯がなくなっている場合
数本の歯を失った場合や歯のない部分が広い場合、従来は取り外し式の部分入れ歯で機能を回復していました。取り外し式の部分入れ歯は、残存歯と軟組織で保持されるので様々な問題が生じていましたが、インプラント治療の場合、インプラントを支台とした固定式のブリッジが応用されます。

歯列の端の歯がなくなっている ⇒ インプラントを支台とした固定式のブリッジ


● まったく歯が残っていない場合
従来の入れ歯は、軟組織だけで保持されます。インプラント治療の場合は、インプラントのヘッド部をバー状の維持装置で連結し、その上に取り外し式の入れ歯をしっかりと固定する事ができる為、咀嚼または発声時に、入れ歯が動くことなくしっかりと保持されます。入れ歯主体インプラント治療には、インプラントとマグネット(磁石)を組み合わせた最新の方法が大きな成果を挙げています。

インプラント・バータイプ インプラント・マグネットタイプ
インプラント・バータイプ インプラント・マグネットタイプ


歯科インプラント治療について(光本歯科医院・豊島区池袋)

  
    Copyright (C) by Kazuyo Mitsumoto. All Rights Reserved.