歯科インプラント
医療法人社団 桜津会 光本歯科医院(MDCインプラントセンター併設)
インプラント

HOME
はじめに
インプラントとは
インプラント治療の特徴
インプラント治療の流れ
インプラントに適した症例
メンテナンス
インプラント治療のリスク
最も重要な事
インプラント症例集
よくある質問
インプラント治療の費用
歯科用CTについて
プロフィール
クリニックのご案内
お問い合わせ
リンク集
サイトマップ

インプラント治療の特徴
インプラント
欠損した歯を補う治療法は大きく分類すると、「入れ歯による治療」「さし歯による治療」「インプラントによる治療」の3種類となりますが、インプラントによる治療方法には以下のような大きな特徴が挙げられます。

利点  ・ 固定式なので、安定性がよく、食物を噛み砕く事ができます。
 ・ 自分の歯と同じような感覚で噛む事ができ、食べ物の味や感触が良くわかります。
 ・ 周りの歯を傷つけません。
 ・ インプラントが、あごの骨がやせるのを防ぐと言われます。

欠点  ・ インプラントを植立する為の手術が必要です。
 ・ 強度の糖尿病などの疾患の場合、インプラントが出来ない事があります。
 ・ 歯触りが鈍いです。

費用  ・ 現在、保険の適用はありません。
 ・ 治療本数、部位などによって費用は異なります。



● インプラントは、以下のような方にお勧めの治療方法です。

部分義歯の方
 ・ 義歯の着脱が面倒でたまらない。
 ・ 歯肉が痛くて噛めない。
 ・ 金属のバネが見た目に悪い。
 ・ 堅い物繊維性の食物が噛み切れない。
 ・ 異物感があって入れ歯を入れてられない。
 ・ 空気が抜けてしゃべりづらい。

  対応
適当数のインプラントを植立し、ブリッジ等で固定式にする。


総入れ歯の方
 ・ 歯肉が痛くて噛めない。
 ・ 堅い物繊維性の食物が噛み切れない。
 ・ 異物感があって入れ歯を入れてられない。
 ・ 入れ歯が動くし、はずれる。

  対応
適当数のインプラントを植立し固定式のブリッジにするか、2〜4本のインプラントを植立しバーあるいはマグネットによる維持装置で入れ歯を動かなくする。


ブリッジにしないといけない方
 ・ 元々歯が無かった、無くなった両サイドの健康な歯を削りたくない。

  対応
適当数のインプラントを植立しクラウン等の歯を被せる。


入れ歯に不満のない方
 ・ 入れ歯の機能として不満はないが、もっと咬みしめたい。

  対応
適当数のインプラントを植立し、インプラント支台により入れ歯をより安定さる。



歯科インプラント治療について(光本歯科医院・豊島区池袋)


    Copyright (C) by Kazuyo Mitsumoto. All Rights Reserved.